10kg痩せも夢じゃないラシックスと低糖質の食事

最近増えている肥満体型として、洋ナシ型というのがあります。洋ナシのように下半身がふっくらしている体型ですが、この体型の原因になっているのは水分です。
最近ではペットボトルを持ち歩いて、いつでもどこでも水分を摂取することが普通になりました。これは熱中症対策などとして推奨されているのですが、摂取の仕方を間違えると体のむくみを引き起こしてしまうこともあります。
体がむくむと血液やリンパ液の流れが悪くなり、さらなるむくみを引き起こすという悪循環に陥ります。その悪循環を断ち切ってくれるのがラシックスです。
ラシックスは非常に強力な利尿薬で、激しくむくんでいる人ならば、ラシックスの服用だけで1~2週間に10kgくらい体重が落ちることもあります。つまり、10kg分の水分が体に溜まっていたということです。
溜まっていた水分が排出されていなかったので、重力の影響で下半身に水分が溜まり、洋ナシ型体型になっていたということです。
なるべくむくまないような体を作るには、たんぱく質の摂取が大切です。食事メニューでは、低糖質高たんぱく質を目指しましょう。低糖質の食事メニューでは、肉、魚、卵、をメインにして食事メニューを組み立てていくと良いです。これに葉物野菜をつけて満腹感を感じやすくさせれば完璧です。野菜を葉物に限定するのは、じゃがいも、にんじん、ごぼうなどの根菜類は糖質の量が多めだからです。根菜類を摂取しないと便秘になると思うかもしれませんが、不溶性食物繊維は納豆や豆腐などの豆類から摂取出来るので、問題ありません。
ラシックスと低糖質食事メニューを組み合わせれば、短期間で10kgダイエットすることも夢ではありません。